フリースクールと家庭と学校をつなぐ
   *********************************************************************************************
   ~ 人と社会を円滑につなぐために ~
  *********************************************************************************************

■「フリースクール・ぱいでぃあ」は、家庭と学校を円滑に繋ぎます

不登校の子どもたちには学力以前の問題として心身の回復が最優先です。
・ そのためには、まず何よりも、子どもたちにとって家庭が安心して心を安らげる場であることが必要です。時には安全が保障された命の避難場所にもなります。
・ 家庭が安定した居場所であれば、子どもは安心して「冒険」にも挑戦できるのです。特に、不登校の子どもたちにとって家庭は学校から切り離された、「ダメな自分」でも無条件に受け止め、愛してくれる場所でありたいもの。

★ある程度心が落ち着けば、子どもは再び自分の人生を切り開くために、自分づくりに挑戦し始めます。しかし、家庭の中だけで生活する子どもの場合、集団生活からはなれて過ごすため、対人関係能力など社会生活に必要な感覚や行動力が育っていないことがよく見られます。そういう子どもたちを支援します。

長らく現場で不登校支援の実践を重ねてきたノウハウと専門的知見によって、心・身体・学力のそれぞれの側面から総合的に対応していきます。

★県内には幾つかのパレットスクールも誕生し、不登校の子でも公立の全日制高校やパレットスクールへ進学する道も開けました。その支援も行います。
(既に全日制高校やパレットスクールへ進学したぱいでぃあの先輩もいます)

《「ぱいでぃあ」で実践する基本的な考え》

学校外でのより主体的な子どもの学びを実践します。

学校では理解されにくい秘められた能力を開発・発見する場でもあります。

不登校を選択した子どもだけでなく、個別に学びたい等、どなたでも参加できます
 ※ADHDや自閉症スペクトラム等の現れ方は一律ではなく、不変でもありません
  特性を尊重した教育的関わりがとても大事です。それぞれの特性は置かれた環境の中で違ってきます。
  中には、子ども時代に克服可能なものもあります。 ← 近年、食品添加物やワクチンも疑われています。)

不登校の2タイプ落ちこぼれ型浮きこぼれ(噴きこぼれ)型
 どちらの個性も育てない学校教育から派生したものです。
※後者は、昔は日本では「神童」と呼ばれていた。異才・奇才・天才などの呼称も同じ。
 
・近年、「ギフテッド」「タレンテッド」等と称され、教育界でも注目されいる。(教育ビジネスに要注意)
 ・平均を重んじる現在の日本の学校教育で活かすことはとても難しいことです。
 そういうお子さんの相談・支援も積極的に行っています。

※「ぱいでぃあ」では、、脱・不登校(不登校を貴重な体験、肥やしとして自立すること。自分を活かせる活動や学びが出来るようになること)が目標です。