P3
「相談」→「入学」まで  要項・カリキュラム 

事前予約 相談・体験   入学手続き

教育相談・入学相談・生活相談・カウンセリング

 ◎日時:平日は午後1時~4時に適宜開設
    ※前もって、ご希望の日時をお知らせください。
     本人と親御さんとで別のご相談をご希望の場合はその旨ご連絡を。
 ◎場所:浦和(スポーツ、調理で移動する場合も)
      ・電話・FAX:048-829-9178 
      ・携帯電話(お急ぎの時)080-2152-8513 or 080-6580-5398
 ◎対象 公立・私立の小学・中学の不登校生、軽度発達障害、自宅学習者、等
     ◎相談料・初回のみ:5,000円/時(延長の場合は適宜)
     ◎2回目以降:各回3,000円/時

 ※現在、個別相談をされた方には、
 
●総合パンフレットの他に
  
『行ってみないか こんな学校』(ハート出版社)(二コラ編集 1500円)
  を無料配布しております。
  ご希望の方はお申し出ください。


------------------------------------
 ※実際に関わる中でお子さんの状態を把握させていただきます。
 ※心・体・知の側面から具体的な問題点を提示させていただきます。
 ※相談室や医療機関等を経由して来られる方はその旨お知らせください。
 ※既往症や服薬等に関しては隠さずお知らせ下さい。
 ※必要な場合には、医療等の専門機関と連携を取らせていただくこともあります。


体験学習:実際に活動に参加し直に肌で感じとって
◎基本:1~3回(5回までの追加も可)

※本人に直に体験していただき、本人の感触や思いをお聞きすると同時に、こちらも体験や相談を重ねる中で、今までの診断や見立てだけでなく、ぱいでぃあでの活動の中で把握された本人の特性や関わり方などを考察させて頂きます。

※基本的には、こちらで用意した不登校支援&脱・不登校支援のプログラムで可能です。
※しかし、特別な特性、性癖や能力(IQの特別に高い子どもなど)などのある子の場合には、その子にあった特別なプログラムを組みます。保護者と相談の上、決めさせて頂きます。
---------------------------------
体験学習は一人ひとりみな違います。本人が現在の心身の状態に応じて、教科学習から入る子もいれば、様々な遊びや手作業などのプログラムから入る子もいます。
※それぞれの個性を見極め、その子の特性の理解だけでなく、未知の能力をも引き出すための作業でもあります。ご了解ください。

本人はどのような特性を持っているか、本人の特性を生かすにはどういう支援が最善であるか、それは通常の関わりの中で可能かそれとも特別なプログラムが必要か……などその子に必要な様々な可能性を考えさせて頂きます。

学校ではなかなか評価されない個性的な子、特性のある子等から…、
  ~ (昔なら神童と言われた)異才・奇才・ギフテッド&タレンテッド等 ~
   の特別な才能をお持ちのお子さんまで歓迎します。

  (特別扱いはしませんが、その特性は最大限尊重します。)(子どもはみな天才です)
※なかなか学校では生かされない子どもの能力の開花を支援します。

※どうしても他の子どもたちと和して行動できないお子さんの場合は完全個別指導からとなります。
※「ぱいでぃあ」での活動は、教科学習だけでなく心身の活動支援等も、社会とのオープンとクローズドの緩やかな関係の中で、トレーニングを主体に組み立てていきます。



メンタル・サポートによる相談・指導(オプション)


 ※人と交わることが苦手な子の対人関係能力や社会感覚の醸成のために
  
〜 例えば、まだ家から出られないお子さん等のために 〜  
 ※
家庭とフリースクールとの連携・協力関係も
   ホームスクールはあくまでも暫定的な措置です。