P3
「相談」→「入学」まで  要項・カリキュラム 

相談(予約) 体験   入学等判断

教育相談・入学相談・生活相談・カウンセリング

 ◎日時:平日は午後1時~4時~、それ以降は適宜
    ▼前もってご希望の日時をお知らせください。
     ・なるべく本人と親御さんとでご一緒に。
      (本人が気乗りしないときは、親御さんだけでも可)
 ◎場所:基本的に浦和
    ▼電話・FAX:048-829-9178 
    ▼携帯電話:080-2152-8513 or 080-6580-5398
 ◎対象:国公私立の小中学の不登校生、発達障害者等、家庭学習者・他
    
相談料・初回のみ:5,000円/時(1時間程度、延長可)
       ・
次回以降:各回3,000円/時
 ▼(相談は責任を伴う行為です。無料では互いに責任感が希薄になります。ご了承を)
 ▼脱・不登校の長年の実績と責任で、適切な支援と立ち直りのためのアドバイス。
 ▼人格を尊重し、学習面、心理・看護・医学等にまたがる専門的な相談。
 ※(親御さんの心理的重荷を軽くすることが子どもの立ち直りにはとても大事です。)
   (検査データ等がある場合には、その資料により適切なアドバイスが可能です)

 ■現在、個別相談をされた方には、
 
●総合パンフレットの他に
  
『行ってみないか こんな学校』(ハート出版社)(二コラ編集 1500円)
  在庫切れに付き配布は終了です。

------------------------------------
体験学習
◎基本3回で、様子を話し合い(5回まで可)
体験料:10000円(コース通しで)
▼具体的に関わる中で、お子さんの状態を把握させていただきます。
心・体・知の考察から見えてきた課題を提示させていただきます。
相談室や医療機関等を経由して来られた方はその旨ご連絡を。

▼本人の特性、既往症や服薬等に関しては隠さずお知らせください。
▼必要な場合、学校や医療等の専門機関と連携を取ることもあります。

体験学習は一人ひとりみな違います。
現在の心身の状態に応じて、教科学習から入る子もいれば、様々な遊びや手作業などのプログラムから入る子もいます。
※その子の特性を理解し、個性に合った能力をも引き出すための作業です。ご理解を。



■ホームスクーリング・アンスクーリング
   たとえば、まだ集団と関われないお子さんのために ~
 ▼教科学習や社会活動を通じて「家庭と学校」を繋ぐ
  ・毎月の通級報告で学校の出席日数に換算 ← 中高受験・進学に活用

  ・自立活動支援:家庭とフリースクールの連携で自立学習等の幅を広げます
   ※知性も感性も身体活動も一体のもの…スキルアップのトレーニングを重視
 ▼学校をはなれた子どもにとって家庭が取り敢えずのシェルター
  ・でも、永住の場所ではない。なりたい自分を目指して
 ▼早期の無理のない立ち直りを支援
  ・スキルを通して、社会感覚・対人関係能力・自己治癒力を培います。
 
 過去の映像から